エサレン マッサージ マムズハンド Mom's hand [兵庫県加古川市] 忍者ブログ
アメリカ カリフォルニア州 エサレン研究所認定 オイルマッサージと 着衣の上からのマッサージ。 ボディワーカー。庭と畑仕事を趣味にしている。 
[ 1 [ 2 [ 3 [ 4 [ 5 [ 6 [ 7 [ 8 [ 9 [ 10 [ 11
 12月に姉と行って来た。14人の小人数で

家族的だった。
 リスボンのすっごく 大きな 教会。 





 訪問先の純情が まちまちになってしまったが
これは モロッコの マラケシュでの ナイトショウ

 街中を歩いていて 見つけた 玄関のドア
 広場の向こうが 迷路のように なっているお店群。バザール。
一体 
トルコのイスタンプールのバザールとよく似ている。ここで
お土産に ナツメヤシと買い物かごのような物を買った。
マラケシュ? だったかな〜。

 アトラス山脈の山越え  確か アルゴンナッツの木。
女性たちが 自立の為に ナッツから オイルを搾って 販売している。
化粧品 ボデイオイル、食品にもなる。 スライスした アーモンドに似た味だった。
孫のお土産にも。

 道ばたの お店。トイレ休憩にも。

運転手さんは イスラム教徒で 私たちがトイレ休憩とか お買い物休憩の間に お祈りをされるとか。ガイドさん 運転助手さんもイスラム教徒かな?
 あぶり絵 ベテランなので 10分ぐらいで
描けるそうです。 一枚 1000円ぐらいだった。
 映画スタジアム 塀の向こうは 映画の撮影スタジアムです。

「アラビアのロレンス」も ここで 撮影されたとか。 

 荒涼とした 大地に オアシス。ナツメヤシが実っている。 ここの人たちの 貴重な売り物です。
 私たちをサポート。砂山は すごく歩きにくい。転けそうになります。
 砂漠の朝日  モロッコの軽井沢のような所。

お金持ちの別荘地帯とか。 豪邸ばかり。ここで 昼食。


 ジブラルタル。 イギリス領

スペインの先っちょにあって イギリスに 取られてしまった。返還を要求しているそうだが
たぶん 返してくれそうにない。

 ジブラルタルの街中 ジブラルタルの岩山を 小型マイクロバスとケーブルカーで展望台へ。そこからの眺め。

 ジブラルタルの お猿さん ジブラルタル 小さな岩山 これがイギリス領
パスポートがいります。
 ジブラルタルの滑走路

飛行機が 一日 5便程 イギリスへ飛ぶ。そのときだけ 遮断機が下りる。
世界で 5番に入る危険な空港だそうです。


 飛行機が飛ばない時間だけ 人や 車が通れま
す。

   天気がよければ 海の向こうにアフリカが見え
るようです。

 ジブラルタルから 又 スペインに戻って
観光。

 セビリア。 私は初めてだったけど 姉は 2度目。
「前に 来た事があるわ〜」と思い出していた。

 スペイン広場。 大航海時代の 栄華の後が いっぱい。 スペインの広大な畑。 吊り橋の車窓から。  ユーラシア大陸最西端の地 ロカ岬。  どこの教会? 名前は聞いているはずだけど
わすれている。
     リスボン 大航海時代の英雄たちのモニュメント。


 リスボンの町並み 車窓から航路 


 旅の順序が 後先に 乱れているけど。取りあえず ブログに。
PR
庭からの恵み


 ピンクのアジサイが紅葉しています。 バジルも食べきれないほど出来ました。

少し 葉っぱを摘んで 袋に入れ 冷凍しました。

  赤大根 日に日に太ってきて。 普通の大根 シュウメイ菊が満開  スイスチャード ホトトギスたち ツワブキ。 先日 久しぶりに履いたヒール。

少し歩いただけで 足首が痛くなり 歩けなかった。
自転車で何とか帰って来たけれど。困ったな〜と思っていたところ、東城百合子さんの自然療法の本を思い出し、早速 庭の ツワブキの葉っぱをガスであぶり、 しんなりした葉っぱを痛い所に湿布。みるみるうちに 痛みは消え、普通に歩けるようになった。ツワブキのおかげ。有難や〜。ありがたや〜。

  子ども達のお弁当のしきりにと植えたバラン。
いっぱいに増えて。どなたさまにも 株分けして差し上げます。



  南天。 種が落ち。どんどん増えて。 ローズマリー 挿し木でどんどん増えています

毎日さわると ボケ予防になるとか。

 パイナップルミント。 パイナップルの

香りがします。

 サラダほうれん草

 種から 育てた細ネギ



  ブロッコリー 青虫の食料になってます。 金時草


 アジア系のバジル。

イタリアバジルとはちょっと 小ぶりの葉っぱ 香りはバジルです。


 きゅうり。
今年は 3回程 時期をづらして種を撒きました。

  ピーマンも良くなってくれています。 ラズベリー   三度豆。 ミニトマト 夏の間 食べきれないぐらい生ってくれた。 暑さを乗り切って 又 生ってくれています。




 ターサイ オカわかめ (ヌルッパ)とも云うそうです。
夏の間 緑のカーテンにもしていましたが、これは裏庭のオカわかめ。
ほうれん草よりも栄養があるそうです。

 収穫し損ねたミョウガ。 かわいそうに。


 アゲハの幼虫の食料になってしもうた 柚の木

 六月にいっぱい 実をつけてくれたビワの木。
今、 来年の準備のために 花の蕾みをつけています。
お正月頃に とっても 素敵な香りの花が咲きます。 そして かわいらしい実を付け、
6月ごろ、 黄色い実を付けてくれます。

 今年も 6月頃から 実を付けてくれた

イチジクの木。もう そろそろ終わりです。
 今日のイチジク
 牛の堆肥 干して燃料や 畑の堆肥になります。
ホームステイ先の牛。
この 牛乳でヨーグルトを作って頂き、いただきました。
 子牛 年間 ほとんど 雨が降らないのに
気候変動で、雨が降りました。ホームステイ先の近くで 家が洪水で流されていました。 
 訪問した学校のトイレ。
貴重な』肥料になります

  荒涼としたなかで 大切に育てられた野菜の
貯蔵庫。地下なので ヒンヤリしています。そして 温度が一定しています。
 学校の野菜畑 外から観た 野菜の貯蔵庫 学校の畑 太陽熱を利用して調理します。  荒涼とした大地 帰りに寄ったガンジー記念館。
電車に乗って せっかく行ったのに 月曜日で旧館でした。

インドの電車に乗るのに ボデイチェックがあります。
テロの警戒なのですね。


 ソーラーパネルの蓄電小屋  寺 へミスゴンパ  6000から 7000メートルの
ヒマラヤ山脈


 障害者施設で 出来ることをして自立していく  私達とベルギーからの支援者へ 歓迎の
踊りを次々披露してくれた。

 運動場に座って 朝食とる子供たち

食後の」お祈りも2~30分。5歳ぐらいの子供たち。偉いな~
Mom's hand

加古川の静かな住宅街の一画、自宅の離れにてマッサージ・サロンをしています。

エサレンマッサージ
【Mom's hand】

ご予約 079-432-1168(TEL/FAX)

▼カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
▼最新記事
▼ご意見・ご感想
[05/19 福島 由紀子]
[05/15 くぼ]
[05/22 前川 豊]
[10/21 福島 由紀子]
[10/17 神足和道]
▼キーワード検索
このBLOGの中からキーワードで探す。
▼LINK
▼携帯サイト
Mom's handの携帯用ページでも記事が読めます。
QRコードを携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。(※バーコードリーダーのない携帯はQRコードをクリックすると携帯にURLを送信出来ます。)



エサレンマッサージ 【Mom's hand】
兵庫県加古川市東神吉町升田1693-3 TEL 079-432-1168   [MAIL]



忍者ブログ [PR]