エサレン マッサージ マムズハンド Mom's hand [兵庫県加古川市] 忍者ブログ
アメリカ カリフォルニア州 エサレン研究所認定 オイルマッサージと 着衣の上からのマッサージ。 ボディワーカー。庭と畑仕事を趣味にしている。 
[ 1 [ 2 [ 3 [ 4 [ 5 [ 6 [ 7 [ 8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    
今年も 後 わずか。クリスマスシーズンです。
アメリカの友人で 約 20年ほど前に クリスチャンご夫妻で ボランティア活動のために我が家の一部に 1,2か月ほど 滞在されました。その方から 今年も クリスマスカードが届きました。
嬉しいですね。

私も孫に準備しています。
小さいころから 孫は ちゃんと
お祖母ちゃんサンタだと 知っています。
でも 孫も本当のサンタだと 信じるようにしていると思います。

本命と おまけのパジャマと他、適当に喜ぶ顔を想像しながら
娘に そっと渡します。
PR


ラオスへ ご近所の方と 二人で行ってきました。
古都 ルアンパバーンと 首都ビエンチャンで ゆっくりした7泊でした。
お天気は良くて 特にビエンチャンは 南なので 11月でも太陽の日差しは
きつく 肌に刺すような照り付けでした。 更に日焼けしたような気がします。

 ルアンパバーンの町全体が世界遺産に登録されています。

  (写真は 順不同でおかしいけれど)

庶民の台所。

  主婦なので どこの国を訪問しても
市場、スーパー、民芸品店 楽しい。 

     

フランスの 植民地時代の建物が
ゲストハウスとお店にもなっています。 


 
プーシー 。  180メートルの 小高い山。
たくさんの石段を登って 
古都の眺めです。

プーシー 小高い山の上に建っています。

何でもありの市場。


          早朝の托鉢


               ボートで 洞窟へ。



宿泊した ゲストハウス 。 下は 喫茶店になっています。
朝食は 2分ぐらいのところにある 系列のレストランでバイキング料理です。
たくさんの欧米人が宿泊し、朝食をとっていました。



ボートで 洞窟へ行く途中の村へ。
どうして ここで降りるのかなと思ったら 
村人がおみやげ物を売っていました。

うまく 商売です。



竹の橋。毎年 流されるので 毎年作るとのこと。渡って向こう岸の村へ行きました。
あまり橋がないので 近道です。




洞窟への途中の村へ寄った。
船着場から 上がります。


鶏が 放し飼いされています。
雛が お母さんの後をついてまわり、そして 雄鶏も
ちゃんと 見守っているようでした。




ルアンパバーンから32キロ。トゥクトゥクを交渉して行ってきました。
 往復2時間ぐらいと待ち時間2~3時間で250000キープ。
日本円で 3500円ぐらいかな。

滝は きれいでしたが 階段がいっぱい。
滝の上にも 滝。その上にも滝滝滝。。。

滝で 泳いでいる人もたくさんいました。
飛び込む人も。
外国人は強いですね。
水は 冷たかった。








この滝の上にも まだまだ 滝がありました。
登れども登れども 滝が。
こんなに たくさん滝が あるとは思いませんでした。
結局 どんどん上がっていって 階段は いくつあったのか?
相当な 数を登りました。
しかも ビーチサンダルが良いと
本に載っていたのでサンダル履きで行った。やっぱり運動靴が良かった。
2時間半は歩いたと思う。登って下って。


滝の上のほうの水源地に水牛がいました。

帰りは 階段でなく 坂道を ぐる~と回って 駐車場にたどり着きました。降りたら3キロほどの道のりのようでした。
誰も通っていなかったけど 車が通れる山道で、 どうにか 下っているようなので歩いた。
途中で反対方向に上っていくバイクに1台、出会っただけ。たくさんの観光客は 来た道の階段を下っていたのかしら。
私たち二人は 明るいうちにトゥクトゥクの
駐車場についてよかったです。
知らない山道だったので。



山を ほとんど 降りたところで 小学生ぐらいの女の子3人が 薪を抱えて 帰っていくのに
出会いました。おうちの 手伝いだと思いました。


歩いて歩いて ようやく 下の村に 着きました。
家があり、鶏が 遊んでいて、人と出会い 生活感がありで 安心しました。




翌日行ったところ。
パークウー洞窟 門番さんがいます。
値段は 忘れた。



パークウー洞窟 たくさんの仏像が安置されている。

ルアンパバーンの船着場からメコン川 上流25キロのところにあります。
戦争時代に仏像を隠したそうです。しかし たくさんの仏像は盗まれて
少なくなってしまっているらしいです。



 
竹の橋 


 


ラオス首都 ビエンチャンで。 織物工場を見学させていただきました。
ラオス織物は 有名だそうですが 後継者が 少ないそうです。
細かい刺繍を入れていくのが大変です。
日本の京都西陣のような感じです。

細かい刺繍の入ったタペストリー? 壁掛け すごく高い値段です。


お米で作った おうどんがおいしかった。大きなお鍋のスープが安くて
絶品でした。




宿泊した ゲストハウスの 真向いで
 美味しい 麺をいただきました。
天秤棒で 担いで 野菜や ピーナッツの販売。右下の籠にピーナッツが入っています。

店主が 野菜を 買っています。

 ピーナッツがおいしそうだったので買っとけば 良かった~。と後で
同伴者と話しました。

でも 後の祭り。

 
ブティック 高級織物は やっぱり素敵です。

日本に帰ってきて さむ~い。
冬ですね。



スナップエンドウ たくさん芽が出てきました。



ぱくちー 我が家では あまり 人気がないのですが 種を撒きました。
食べごろなのですが。




バターナッツかぼちゃは 実家から。
他の野菜は 庭からの収穫。
来週 7日から 15日まで ラオスに行きます。
それまでにと、 孫のところまで 届けました。
少しでも オーガニック野菜を食べてもらいたいので。
。。。。。。

なぜ多い?兵庫県稲美町のため池(JPG:2,556KB)

「なぜ多い?兵庫県稲美町のため池」
稲美町立稲美北中学校 3年 長谷川 玲汰
・・・・・
今年の夏休みの宿題だったのかな。


兵庫県統計コンクール 中学生の部で 佳作に入選したそうな。

娘から聞いたので、 パソコンで見ました。

そういえば 毎日の部活の上に 宿題がたくさんあると言っていました。 


毎年 実家から 栗や シイタケ ブドウをいただいています。 栗は 渋皮煮に。シイタケは 食べきれないので 冷凍にします。ピオーネブドウは そのまま
食べることが多く。ベリーAブドウは 煮て ジュースにします。紫色できれいです。冷凍にして、いただくときには 其のつど 解凍していただきます。
梅酒に少し入れても綺麗ですし 皆 幸せ、喜びを感じます。
孫に食べてもらいたいので 作り甲斐があります。
2台の 冷凍冷蔵庫がいっぱい。


 
ミントの仲間。このミントは アイスクリームなどに
ちょこんと乗せると とっても 合います。



アスパラガスが ちょこちょこ 芽を出してくれて 食卓に
上がります。





セージ。ソーセージを作るときに使うと良いようです。
そのまま ハーブティーとしても大丈夫なようです。




赤と黄色のパブリカも たくさん 実をつけてくれます。
大きいので 枝が垂れ下がって 重たそうです。
支えて上げないと
Mom's hand

加古川の静かな住宅街の一画、自宅の離れにてマッサージ・サロンをしています。

エサレンマッサージ
【Mom's hand】

ご予約 079-432-1168(TEL/FAX)

▼カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ご意見・ご感想
[05/19 福島 由紀子]
[05/15 くぼ]
[05/22 前川 豊]
[10/21 福島 由紀子]
[10/17 神足和道]
▼キーワード検索
このBLOGの中からキーワードで探す。
▼LINK
▼携帯サイト
Mom's handの携帯用ページでも記事が読めます。
QRコードを携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。(※バーコードリーダーのない携帯はQRコードをクリックすると携帯にURLを送信出来ます。)



エサレンマッサージ 【Mom's hand】
兵庫県加古川市東神吉町升田1693-3 TEL 079-432-1168   [MAIL]



忍者ブログ [PR]